2021年6月28日 米国 ラ・ホイヤ発 – メディシノバ(MediciNova,Inc.)(米国カリフォルニア州 ラ・ホイヤ、代表取締役社長兼 CEO:岩城裕一)(以下「当社」といいます。)は、本日、MN-166(イブジラスト)の効果を評価する塩素ガス暴露誘発性急性肺障害動物(げっ歯類:マウス)モデル試験(以下「本試験」といいます。)を新たに開始することをお知らせいたします。本試験では、MN-166(イブジラスト)または対照薬を投与し、生存率、臨床所見、体重、肺重量及び肺組織・上気道の病理組織学的所見などを評価します。

プレスリリースはこちら