森下仁丹株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長 森下雄司、以下「当社」)は、2021年7月3日(土)~ 4日(日)に開催される「第75回日本栄養・食糧学会大会」の一般演題≪食品機能E-36≫において、当社が開発した「短鎖脂肪酸(酢酸)を内包した大腸送達性製剤」を摂取することにより便通改善および食後血糖値抑制作用が認められたことを、発表いたします。

プレスリリースはこちら