株式会社ビードットメディカル(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:古川卓司、以下ビードットメディカル)は、開発中の小型陽子線がん治療装置において、自社で設計製造した超伝導偏向電磁石の冷却による超伝導化を確認する通電試験を実施し、高磁場の発生を確認しました。これにより、当該製品の開発コンセプトである「陽子線治療がん治療装置の大幅な小型・低価格化」に向け、大きく一歩前進しました。

プレスリリースはこちら