農研機構は、トヨタ自動車(株)と共同で、黒穂病に強い(抵抗性の)サトウキビ個体の選抜に利用できるDNAマーカーを開発しました。本成果によって、サトウキビの重要病害である黒穂病に対し、抵抗性品種の育成を効率的に進めることが可能になります。

プレスリリースはこちら