キユーピー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員:長南 収、以下キユーピー)は、学校法人国際医療福祉大学(学長:大友 邦)の松本 哲哉主任教授および国立大学法人帯広畜産大学(学長:奥田 潔)との共同研究により、卵白に含まれるタンパク質の一つ、卵白リゾチームを加熱して変性した「加熱変性リゾチーム」が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活化することを確認しました(特許出願中)。

プレスリリースはこちら