アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、Seagen Inc.(以下、「Seagen社」)と共同で開発を進めている抗体-薬物複合体(Antibody-Drug Conjugate:ADC)であるエンホルツマブ ベドチン(遺伝子組換え)について、2021年3月に行った製造販売承認申請に対し、厚生労働省から優先審査の指定を受けました。優先審査は、医療上の有用性と適応疾患の重篤性に基づいて、厚生労働省により指定されます。

プレスリリースはこちら