株式会社シェアメディカルは、聖マリアンナ医科大学 大学院医学研究科医療情報処理技術応用研究分野 小林 泰之教授らと共同で、AI(人工知能)を活用した新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の早期診断・重症化予測を可能とする『AI(人工知能)聴診デバイス』の共同研究を行うと発表した。なお、本研究は科学技術振興機構(JST)、研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)で採択されている。

プレスリリースはこちら