LGC Biosearch Technologiesの公認日本代理店であるプイムテック株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:荻原 亮介)は、PCRを用いて新型コロナウイルスの各種変異の有無を判定できる同社製の研究用「SARS-CoV-2バリアントValuPanelアッセイキット」を5月10日に発売を開始しました。英国株、南アフリカ・ブラジル株を含むE484K、del H69-V70、N501Y、K417N、K417T、P681H変異株検出用の6種類のキットが用意されていて、世界で初めて一反応当たり100円以下のコストで正確に検出することが出来ます。更に、インド変異株も含むdel Y144、D614G、L452Rの変異株検出用も順次発売が予定されています。

プレスリリースはこちら