当社は、米国で準備が進められていた頭頸部がんを対象としたテロメライシ(OBP-301)の Phase2医師主導治験(以下、「本治験」)について、第一例目の患者様への投与が開始された旨、連絡を受けましたのでお知らせいたします。本治験は、米国ニューヨーク州を拠点とするコーネル大学医学部血液・腫瘍内科准教授のDr. Doru Paulらを中心とする研究グループが進めるもので、当社は同グループと本治験の実施に関する契約を締結しています。

プレスリリースはこちら