大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)の連結子会社であるエンジバント・セラピューティクス・リミテッド(以下「エンジバント社」)は、ファーバー病を対象として開発中(非臨床段階)の組み換えヒト酸性セラミダーゼであるRVT-801(開発コード)の開発・販売等に関する全ての権利をAceragen, Inc.(本社:米国 ノースカロライナ州、以下「Aceragen社」)に譲渡する契約を締結したことを、2021年5月3日(現地時間)に発表しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら