当社は、このたび、プラチナ製剤ベースの化学療法による治療歴を有し、米国食品医薬品局(FDA)で承認された検査で検出された上皮成長因子受容体(EGFR)エクソン20挿入変異を伴う転移性非小細胞肺がんの成人患者に対する治療薬mobocertinib(一般名、開発コード:TAK-788)の新薬承認申請(NDA)を、FDAが優先審査に指定しましたのでお知らせします。mobocertinibは、EGFRエクソン20挿入変異を選択的に標的とするよう特異的に設計された初めての経口治療薬です。

プレスリリースはこちら