田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:上野 裕明)は連結子会社であるメディカゴ社(本社:カナダ ケベック市、社長:長尾 隆)が、同社において新型コロナウイルス感染症の予防をめざして開発を進めているGSKのアジュバントを併用した植物由来のウイルス様粒子(Virus Like Particle、以下「VLP」)ワクチン(開発番号:MT-2766)について、現地時間の4月19日からカナダ保健省においてローリングサブミッションの審査が開始された旨、同現地時間の4月23日に発表したことをお知らせします。

プレスリリースはこちら