ベーリンガーインゲルハイムとZealand Pharma A/S(以下、「Zealand社」)(NASDAQ:ZEAL)は、過体重または肥満の成人、および非アルコール性脂肪肝炎(NASH:Non-Alcoholic SteatoHepatitis)の成人患者を対象に、GLP-1/グルカゴン受容体デュアルアゴニストであるBI 456906の2つの第2相試験開始を発表しました。この化合物は、2011年にZealand社から導入したもので、2型糖尿病患者を対象とした第2相試験が進行しています。週1回投与で、現在利用可能なGLP-1受容体アゴニスト単剤による治療と比較して、体重管理とNASHの改善および肝硬変への進行抑制の両方に更なるベネフィットがもたらされる可能性があります。BI 456906は、肥満およびNASH領域で拡大しているベーリンガーインゲルハイムのポートフォリオの一部です。

プレスリリースはこちら