当社核酸デリバリー技術を⽤いたパイプラインの⼀つで、第I相臨床試験実施中のPRDM14 分⼦を標的とする核酸医薬「SRN-14/GL2-800」の研究成果が、International Journal of Cancer のオンライン版に掲載され、この度、慶應義塾⼤学医学部臨床研究推進センターの⾕⼝博昭特任准教授らにより記者発表会が開催されましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら