これまで肺がんの臨床検体を利用して抗がん剤に対する薬剤感受性および抵抗性の分子基盤の研究が進められてきました。また、多くのがんで、EGFR (Epidermal growth factor receptor: 上皮成長因子受容体)の突然変異が認められ、EGFR遺伝子ががん原遺伝子として働いていることが示されています。本研究グループは、多剤耐性EGFR変異肺がんにおける薬剤抵抗性についての新たな克服法の開発に取り組んできました。今回、EGFR-L747P変異体を詳細に解析し、新たな創薬につながる成果を発表しました。

プレスリリースはこちら