富士フイルム株式会社(社長:助野 健児、所在地:東京都港区)と国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、所在地:東京都中央区)は、プログラミングなどの専門知識がなくても医師や研究者が自身で画像診断支援のAI技術(ソフトウェア)を開発できる「AI開発支援プラットフォーム」を共同で開発しました。

プレスリリースはこちら