富士フイルムホールディングス株式会社(社長:助野 健児)は、2023年度を最終年度とする2021年~2023年度の中期経営計画「VISION2023」を策定しました。「VISION2023」では、3年間で総額1.2兆円を投資し、ヘルスケア・高機能材料を中心に事業成長を加速。なかでも、ヘルスケアを売上高・営業利益ともに最大セグメントに拡大させ、持続的成長を可能とするさらに強靭な事業基盤の構築を実現していきます。

プレスリリースはこちら