この度、富山大学 和漢医薬学総合研究所所長 早川芳弘教授が行った「発酵玄米(FBRA)による抗炎症効果」に関する研究が、論文として発表されました。花粉によるアレルギー性鼻炎を起こすモデルマウスに、発酵玄米を含む餌を与えると、くしゃみの回数が抑えられることが分かりました。同様に皮膚に炎症を起こすモデルマウスに、発酵玄米を与えると、同様に症状が緩和されることが分かりました。

プレスリリースはこちら