株式会社バイオミメティクスシンパシーズ(本社:東京都江東区 代表取締役社長:漆畑 直樹)は、新型コロナウイルス感染症に対して間葉系幹細胞が有効とされるメカニズムの一端を解明し、そのメカニズムに基づく薬候補物質の探索を行った結果、3つの候補物質を同定しました。そしてこの度、そのうち1つの候補物質(キノロン系化合物X:特許査定)について、ロート製薬株式会社(本社:大阪市生野区 代表取締役社長:杉本 雅史、以下、「ロート製薬」)とライセンス契約を締結し、共同開発を目指すこととなりました。その他の2つの候補物質であるインスリン、及びHGFについても(特許出願中)、国内外の製薬企業と協力して有効な新型コロナ治療薬の開発へと繋げるべく、研究成果を早期に公開することとしましたので、お知らせ致します。

プレスリリースはこちら