大阪大学微生物病研究所の鳥居志保特任研究員(常勤)、大阪大学感染症総合教育研究拠点(微生物病研究所特任教授(常勤)兼任)松浦善治特任教授(常勤)、北海道大学大学院医学研究院の福原崇介教授らの研究グループは、Circular Polymerase Extension Reaction(CPER)法を用いることにより、わずか2週間で新型コロナウイルスを人工合成する新しい技術を確立しました。

プレスリリースはこちら