株式会社Cardio Flow Design(本社:東京都千代⽥区、代表取締役:⻄野輝泰)が提案した研究開発課題「⾮解剖学的⾎⾏再建を要する先天性⼼疾患の⼿術設計⽀援を⽬的とした⾎流解析シミュレーション」が国⽴研究開発法⼈ ⽇本医療研究開発機構(AMED)の令和3年度 「⼩児⽤医療機器の実⽤化を⽬指す医師主導治験・臨床研究」に採択されました。この事業は病態が複雑で治療⽅法の決定が困難な先天性⼼疾患に対して、コンピューターシミュレーションにより最適な⼿術設計を行う技術開発を行います。当社顧問の板⾕慶⼀医師をプロジェクトリーダーに、埼⽟医科⼤学国際医療センターと岡⼭⼤学⼤学院医⻭薬学総合研究所とともに共同で医療機器化を目指します。

プレスリリースはこちら