慶應義塾大学、協同乳業株式会社を中心とする研究グループは、腸内細菌由来のポリアミンが腸上皮細胞やマクロファージに作用して、大腸粘膜の健全性の維持に重要な役割を担うことを明らかにしました。これは慶應義塾大学薬学部の長谷耕二(はせ こうじ)教授、協同乳業株式会社の中村篤央研究員(慶應義塾大学薬学部 共同研究員)・松本光晴主幹研究員を中心とする研究グループの成果です。

プレスリリースはこちら