新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が効率よく感染するためには、ウイルスのスパイクタンパク質が、ヒトの細胞上にある酵素の一つであるタンパク質分解酵素TMPRSS2で切断(開裂)されなければなりません。すなわち TMPRSS2 の活性はSARS-CoV-2の感染に非常に重要です。しかし、TMPRSS2の生理的な活性制御やSARS-CoV-2感染との関連については、よくわかっていませんでした。今回、京都大学ウイルス・再生医科学研究所の橋口隆生教授らの研究グループは、国立感染症研究所の竹田誠部長、松山州徳室長、冨田有里子研究員、宮崎大学医学部の片岡寛章教授および北海道大学大学院薬学研究院の前仲勝実教授、福原秀雄准教授らを中心としたグループと共に、一部の生体内タンパク質分解酵素に対する生理的阻害物質HAI-2(hepatocyte growth factor activator inhibitor 2)がSARS-CoV-2の感染抑制因子であることを発見しました。HAI-2を培養液に添加するとSARS-CoV-2の感染が阻害されました。また、siRNA法で肺上皮細胞株のHAI-2の発現量を減らすと、SARS-CoV-2の感染が促進されました。このことはHAI-2がSARS-CoV-2を生理的にも抑えている可能性を示しています。HAI-2の研究は、SARS-CoV-2 感染症(COVID-19)の病態解明のみならず創薬ターゲットとしても重要であると考えられます。

プレスリリースはこちら