STEP第3a相臨床試験プログラムの新たな結果において、セマグルチド2.4mgを週1回皮下投与した治療群ではプラセボ群と比較して体重減少が認められました。STEP4試験では、20週間の観察期間中に維持用量であるセマグルチド2.4mgに到達した被験者を、セマグルチド2.4mgの継続、またはプラセボに切替えのいずれかに無作為に割り付け、さらに48週間治療しました。このSTEP4試験の完全な結果は、本日、2021年バーチャル米国内分泌学会議(ENDO2021)で発表され、Journal of the American Medical Associationに掲載されました。

プレスリリースはこちら