一酸化炭素(CO)は、不完全燃焼により発生する無色無臭の有毒ガスです。CO中毒は、火災における主な死亡原因のひとつであり、日常生活においても、暖房やガス/電化製品の誤った使用によって発生するため、年間を通じて多数の事故が発生しています。また即死に至らない程度のCO中毒であっても、長期間にわたって脳機能に障害が残る例が報告されています。そのようなCO中毒およびその後遺症の発症防止に対して、抜本的な治療方法は確立されていません。

プレスリリースはこちら