ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社の関連会社であるセルジーン株式会社は本日、B細胞成熟抗原(BCMA)を標的とする CAR T細胞(自家キメラ抗原受容体 T細胞)療法 idecabtagene vicleucel(ide-celまたは bb2121)について、再発又は難治性の多発性骨髄腫を対象とした再生医療等製品製造販売承認申請を行いました。当社の CAR T 細胞療法の承認申請は、今年3月22日に承認された「ブレヤンジ®静注」(一般名:リソカブタゲン マラルユーセル)に続く2件目となります。

プレスリリースはこちら