当社は、本日、有価証券報告書を提出し、2020年12月期において、(1)最近4連結会計年度における営業利益及び営業活動によるキャッシュ・フローの額が負であること(業績基準)及び(2)上場申請会計年度の営業利益の額が負であり、かつ当上場後9連結会計年度の営業利益の額が負であること(利益計上基準)、以上2つの基準に該当することから、本日の株式会社東京証券取引所(以下、「東証」)からの発表のとおり、有価証券上場規程第604条の4第1項第1号(関連規則は同第604条の2第1項第2号)及び同第604条の4第1項第3号に定める上場廃止基準に係る猶予期間入り銘柄となりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

プレスリリースはこちら