農研機構は、アフリカ豚熱ウイルスの安定した増殖に適し、かつ連続して培養することが可能な(不死化された)豚由来の新しい細胞株を開発しました。本細胞株を用いれば、アフリカ豚熱ウイルスの病原性などの生物学的性状を詳細に解析できます。本成果は、アフリカ豚熱の診断法の改良やワクチン開発に役立つと期待されます。

プレスリリースはこちら