酪農学園大学臼井優准教授と北海道大学中島千絵教授の研究グループは、細菌性食中毒の原因として最も患者数が多いCampylobacter属菌を迅速に検出し、菌種を同定、かつ近年問題となる抗菌薬に対する耐性も同時に検出する方法(CAMERA法; CAMpylobacter ExpressResistance Array)を開発しました。CAMERA法は、特定の遺伝子配列を検出するDNAマイクロアレイ技術を応用することで、食中毒の原因となるCampylobacter属菌の遺伝子および抗菌薬耐性に関わる遺伝子変異を迅速に検出するものです。

プレスリリースはこちら