北海道大学大学院薬学研究院の鍛代悠一助教・松田 正教授らの研究グループは、マクロファージ免疫チェックポイント分子CD47が、低分子量GTP結合タンパク質(Gタンパク質)RhoAの活性を調節するグアニンヌクレオチド交換因子AKAP13と結合してRhoA活性を促進することにより、Tリンパ腫の腫瘍形成や腫瘍転移に関与することを見出しました。

プレスリリースはこちら