末期の膵臓がん患者を対象とするDFP-17729の臨床第1/2相試験が日本国内で進行中ですが、ヒトの膵臓がん細胞を移植した動物を用いて、がん微小環境改善剤によって膵臓がん治療薬のティーエスワンの治療効果が高まることが確認されました。

プレスリリースはこちら