大阪大学大学院薬学研究科 先端化粧品科学(マンダム)共同研究講座の岡田文裕招へい教授、蛋白質研究所の関口清俊寄附研究部門教授、大学院医学系研究科の種村篤講師、室田浩之准教授(現在 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 教授)、片山一朗名誉教授の研究グループはこれまでヒト汗腺の三次元構造を可視化することに成功しており(2017年6月22日付け大阪大学研究専用ポータルサイトResOUを参照ください。https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2017/20170622_3)、今回この成果が解剖学の世界的定番の教科書である「Gray's Anatomy(42nd edition)」に掲載されました。

プレスリリースはこちら