ペプチドリーム株式会社(代表取締役社長:リード・パトリック、本社:神奈川県川崎市、東証第一部)は、フランス・リヨン市に本拠を置くAmolyt Pharma(以下Amolyt社)との間で、内分泌系の希少疾患であり重篤な合併症を伴う先端巨大症(アクロメガリー)を適応症とする新たな治療薬の開発を目的とした、成長ホルモン受容体拮抗薬(GHRA)候補ペプチド化合物の最適化に関する戦略的共同研究開発およびライセンスオプション契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。Amolyt社は、将来的な臨床開発の実施にあたり、当該候補化合物のライセンス受否の選択権(オプション)を有することとなります。

プレスリリースはこちら