当社は、2009年にアステラス製薬株式会社から導入したヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害剤OBP-801に関して、これまで米国における固形がん対象のPhase1臨床試験の実施や、京都府立医科大学との間で眼科領域への応用について検討してきました。この度、京都府立医科大学による緑内障手術後の線維化抑制に関するOBP-801の研究結果が Scientific Reports 誌に掲載されましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら