当社が国内独占開発権および販売権を VBL Therapeutics(イスラエル:VBL社)から導入した遺伝子治療製品 VB-111 について、VBL社主導のプラチナ製剤抵抗性卵巣がんを対象とした国際共同第III相臨床試験(OVAL 試験)が米国を中心に実施されており、本日、OVAL 試験に日本が参画するための治験計画届を医薬品医療機器総合機構に提出しましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら