この度、鳥取大学発ベンチャー企業であるカノンキュア株式会社(以下「カノンキュア」)との間で、カノンキュアが再生医療等製品として開発を進める間葉系幹細胞を利用した肝疾患治療用細胞シート(以下「肝細胞シート」)の治験製品製造に向けた技術移転契約(以下「本契約」)を締結しましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら