田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:上野 裕明)は、連結子会社であるメディカゴ社(本社:カナダ ケベック市、代表取締役:ブルース クラーク)とグラクソスミスクライン社(本社:イギリス ロンドン、以下「GSK」)が共同で、現地時間の11月12日に、現在開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をめざした植物由来のウイルス様粒子(Virus Like Particle、以下「VLP」)ワクチン(開発番号:MT-2766)に関する第2/3相臨床試験を開始した旨、発表したことをお知らせします。

プレスリリースはこちら