大阪市立大学大学院医学研究科の新宅治夫特任教授(障がい医学・再生医学寄附講座)らの研究グループは、低酸素性虚血性脳症(Hypoxic Ischemic Encephalopathy:HIE)に対する自己さい帯血治療の第I相試験が終了し、安全性が確認できたことを受け、2020年11月12日より第II相試験を開始いたしました。

プレスリリースはこちら