日本の医療分野のトップ研究者と欧州研究会議(European Research Council;ERC)の資金提供を受けている欧州の研究チームの共同研究を促進するため、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)と欧州委員会の間で「研究交流に関する取決め」に署名いたしました(パトリシア・フロア駐日欧州連合特命全権大使と三島良直日本医療研究開発機構理事長による署名)。署名式は、2020年11月13日、東京において、日本政府、駐日欧州連合(EU)代表部、AMEDなどの出席のもと行われました。また、ERCのジャン=ピエール・ブルギニョン理事長をはじめEUの代表者や欧州連合日本政府代表部からの参加者は、ブリュッセルからリモートで出席しました。

プレスリリースはこちら