当社は、シャイアー社買収に関する競争法上のクリアランス取得の条件であったパイプラインSHP 647および関連する権利(以下、「SHP647」)の売却に関する当社の義務について、欧州委員会(以下、「EC」)が現地時間の本年5月28日に解除する決定を行ったことを公表しました。本決定は、「SHP 647売却に関する当社義務の欧州委員会による解除について」のプレスリリースにて公表しましたが、その時点では、本決定に伴う影響額が得られておりませんでした。このたび、2021年3月期の連結純損益計算書に対する影響見込額を算出しましたので、以下の通り、お知らせします。

プレスリリースはこちら