大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)は、米国における非定型抗精神病薬「LATUDA」(一般名:ルラシドン塩酸塩、以下「ラツーダ」)の用途特許(米国特許番号:9,815,827、以下「本特許」)に関して、このたび、米国特許商標庁(USPTO)に対して、Inter Partes Review の申立て [申立者:Slayback Pharma LLC(米国ニュージャージー州)](以下「本申立て」)がなされましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら