タカラバイオ株式会社は、森下竜一教授(大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学)およびアンジェス株式会社らのグループが進める、プラスミドDNA製造技術を用いた、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する予防用DNAワクチンの開発(本ワクチン開発)に協力しておりますが、新たに、シオノギファーマ株式会社(本社:大阪府摂津市、久米 龍一社長、以下、シオノギファーマ)が当社の協力体制に加わりました。

プレスリリースはこちら