田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:上野裕明、以下「田辺三菱製薬」)は、当社の米国における開発子会社であるミツビシ タナベ ファーマ ディベロップメント アメリカ(Mitsubishi Tanabe Pharma Development America, Inc. 社長:九鬼秀紀)が、光線過敏症(日光暴露による激しい疼痛を含む)の既往を有する赤芽球性プロトポルフィリン症(EPP)およびX連鎖性プロトポルフィリン症(XLP)の成人および青年期の患者を対象として、日光下において疼痛を伴わずに活動できる時間を延長させることを目的に開発を進めている経口剤MT-7117(一般名:dersimelagon)(選択的メラノコルチン1受容体作動薬)について、国際共同第3相臨床試験を開始しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら