中外製薬株式会社(本社:東京、代表取締役会長 CEO:小坂 達朗)は、遺伝子変異解析プログラム「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」について、ポリアデノシン5’二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)阻害剤「リムパーザ」(一般名:オラパリブ)の相同組換え修復(HRR: homologous recombination repair)関連遺伝子変異陽性の転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC: metastatic castration-resistant prostate cancer)に対するコンパニオン診断機能追加に関する一部変更承認申請を、本日厚生労働省に行いましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら