富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、iPS細胞を用いて腎疾患の治療法の実用化を目指す再生医療ベンチャーのリジェネフロ株式会社(以下、リジェネフロ社)の第三者割当増資を引き受け、同社に1億円を出資しました。また、今回の出資にあたり、リジェネフロ社が研究開発を進めている再生医療製品の開発・製造受託と創薬支援用細胞の販売に関する業務提携契約も同社と締結しています。

プレスリリースはこちら