AIが駆動する次世代型の超高速・高精度なイメージ認識型のリアルタイム細胞分離システム(以下、「イメージ認識型高速セルソーティング技術」)の研究開発を行うシンクサイト株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:勝田 和一郎)は、スパークス・グループ株式会社を運営者とする「未来創生2号ファンド」をリード投資家とし、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社を運営者とする「テクノロジーベンチャーズ5号投資事業有限責任組合」及び芙蓉総合リース株式会社を含めた 3社を引受先とする第三者割当増資を実施しました。

プレスリリースはこちら