中外製薬株式会社(本社:東京、代表取締役会長 CEO:小坂 達朗)は、ALK融合遺伝子陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)を対象に一次治療としてアレセンサ(一般名:アレクチニブ塩酸塩)とクリゾチニブを比較した国際共同第III相臨床試験(ALEX試験)の最新の成績が、5月29日(現地時間)に米国臨床腫瘍学会(The American Society of Clinical Oncology:ASCO)2020 バーチャルサイエンティフィックプログラムで発表されたことをお知らせいたします。

プレスリリースはこちら