中外製薬株式会社(本社:東京、代表取締役会長 CEO:小坂 達朗)は、遺伝子変異解析プログラム「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」に関し、現在、ノバルティスファーマ株式会社(ノバルティス社)が開発中のMET阻害剤カプマチニブ(INC280)のMET遺伝子エクソン14スキッピングを生じる変異を有する切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん(NSCLC)に対するコンパニオン診断として、本日、厚生労働省より承認を取得しましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら