2019年末よりはじまったCOVID-19の世界的流行は現在も継続しています。患者の治療に向け、世界中で一日も早く治療法を確立すべく研究が実施され、さまざまな薬剤やワクチンの開発だけでなく、「幹細胞」が持つ能力を利用した治療法の臨床試験が開始されています。一部の報道では幹細胞の投与が有効性を示すとするものもありますが、現時点においてはその有効性は仮説の段階であり、科学的な合意がなされている状態ではありません。また、各国の規制当局が「有効である」と確認したCOVID-19に対する幹細胞治療はありません。

プレスリリースはこちら