がん治療向けウイルスベース免疫治療の設計開発を手掛けるバイオテクノロジー企業であるTransgene SA(トランスジーン、以下Transgene社)と日本電気株式会社(以下 NEC)は、個別化がんワクチンTG4050に使用しているネオアンチゲン予測システムが、多数の抗原候補から免疫反応を引き起こす有望な抗原を特定できることを予備試験で実証しました。本成果は、Transgene社・NEC・NEC欧州研究所のチームによって得られたもので、米国がん研究協会(AACR)オンライン年次総会 2020 第2部にて発表します。

プレスリリースはこちら